【幼児の誤飲】3歳児が500円玉大のコインを誤飲した話(その1)

現在小学校3年生の次男坊が、3歳半くらいの頃・・・。

500円玉大のコインを誤飲して、救急車で搬送されたことがあります。

詳細は・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

砂場で拾ったゲームセンターのコインを兄弟で取り合っていた時に起こった事故

その日、次男坊が公園の砂場で遊んでいるときに、ゲームセンターのコインを拾いました。

家にもって帰り、洗って持っていたら、幼稚園から帰ってきた長男坊が「かーしーてー!!」と言いだし、二人で取り合いになりました。

時間にして4時ごろかな・・私はその時夕飯の準備をしていて、キッチンにいました。

「かしてー!」「やだー!」って言いあいながら、コインを持った次男坊を追いかける長男坊・・・。

そのうち、次男坊がふざけてコインを口にくわえながら、逃げていました。

「ちょっと!口にくわえない!飲んじゃうよ!」

って注意しましたが、内心500円玉大の大きさのコインなんて飲み込めないだろうって思っていました。

ところが・・・・

反動で飲み込んでしまったコインは、のどに引っかかったままになっていた

兄にコインを取られたくない次男坊は、口の中に入れて逃げ回っていたようです(私は口の中に入れていたところを見ていないのですが、恐らくそうだったのでしょう)。

兄が逃げまわる弟の後ろ襟あたりを引っ張って引き留めようとしたした瞬間、反動でコインを飲み込んでしまった次男坊・・・・。

ぎゃーーーーー!!!

っとものすごい叫び声をあげて泣き出しました。

キッチンにいた私も、ただ事じゃない泣き声に「もしかして、飲み込んだ!?」と血の気が引きました。

次男坊の元に行くと、のどをさわりながらギャーギャー泣いています。

119番に即電話!

電話しているときも、横では次男坊がギャーギャーと必死に泣いています。

私も半分パニックになりながら、状況を説明

「わかりました、すぐ向かいます」

といって、救急車を待っていたら・・・・電話が鳴った・・・

救急隊の方からの電話でした。

「お子さんは呼吸はできていますか?」と聞かれ、泣いているので呼吸はできていると思う旨伝えると、すぐには行けず、ちょっと遅れるというではないですか!

え!後回しにされちゃった!?

って内心思いましたが、救急ですから・・・緊急性のある方から優先なのでしょう・・・。

でもーーー(T_T)

とりあえず、救急車は来てくれる!ちょっと時間がかかるみたいだから、準備しなくては!と


・保険証

・母子手帳

・着替え(パジャマや下着、着替えの上下一式とタオル)

・あるだけの現金

をかばんに詰めて、次男坊の様子を見ながら、今か今かと救急車を待っていました。

夫はその日仕事が休みで、丁度マッサージに行っていたのです。

あと3~40分で家に帰ってくる・・・。

一応携帯に伝言を残して、当時幼稚園年長さんだった長男に

「救急車来たら、お母さんは次男坊と病院に行くから。あなたはお父さんが帰ってくるまで一人でお留守番してて。必ずお父さん帰ってくるから、帰ってきたらお父さんに説明してね」

と言ってたら救急車が到着したので、次男坊をかかえて救急車に乗り込みました。

・・・続きます

(Visited 370 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です