何も考えずに夕飯のメニューを決めたい時の本

今日は次男坊つながりで知り合ったママと、久しぶりにランチしました。
ランチする日はだいたい午後2時か3時くらいに解散となるので、そこから夕飯のメニューを考えるのはめんどくさいです。

かといって、事前に献立を練るなんてーのもこれまためんどくさい。
でも、私にはパッと夕飯の献立をたてるのに役立っている強い味方の「本」があります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

奥薗壽子さんの本が凄すぎる

奥薗式常識やぶり!おかず2品献立
平成16年発行なので、今から12年前かあ…
Amazonで中古で5円( ´_ゝ`)送料の方が高いって感じですね。

結婚当初に買った本ですが、これまで使わなかった月はない!ってくらいよーく参考にして…っていうかこのまんま作ったりしています。

だってね、順番通りにやって献立2品ができちゃうの

メインと副菜が、パパパッとできちゃうんですよ。
しかもフライパンひとつでできちゃったりとか、手順も無駄がないんです。

ポークソテーと人参とザーサイの炒め物の場合、
最初にポークソテーに添える青梗菜とシメジの付け合せからスタートします。
フライパンで蒸し焼き、そのままフライパンは洗わず肉を焼き皿に盛り、そのまま人参とザーサイを炒めて味付けし、最後にそのフライパンでソテー用のソースを作って完成!
いちいちフライパン洗ったりしない

手順通りやると、本当にパパパっと2品できちゃうんですよ。
なので、メニュー考えるの面倒、ってときはこの本を参考にして材料用意して作ります。
人参は子どもが苦手だから小松菜に変更。とか、ザーサイは無いからツナで代用。とかアレンジはしますが、手順はそのまま。

もっとこういう本沢山出してほしい~って思うのだけど、なかなか無いですねえ。
奥薗さんの本も沢山借りたり買ったりしましたが、結局残ってるのはこの1冊です。

今は瀬尾幸子さんに夢中

今は瀬尾幸子さんにハマってます。
特にこの一人ぶんから作れるラクうまごはんは、最近よ~~~く参考にしてます。
この表紙の献立。
どうですか?

献立って、メインがあって、副菜1品あって、具だくさんの汁物があれば十分なんじゃない?
ってこれ見て思っちゃったんですよね。
そこから献立も立てやすくなってきた。

中を読んでも、特別な材料とか調味料とか必要なく、すぐ作れるものばかり
しかも美味しくてハズレなし。

この本では特にレンジでつくるレシピが使えます。

レンジでつくるかぼちゃの煮物…ってのがあって、
一人暮らしの人にはうってつけの作り方!レンジで本当に簡単にできる!!
レシピは1人分なので、倍の量でつくってみたけど想像以上に美味しかった!
忙しい時にもう一品必要な時に、この先何回も作ってしまいそう。

今後是非作ってみたいのが
チキンライスの素!
あったかご飯に混ぜるだけでチキンライスになるんですって!

鶏肉、玉ねぎ、マッシュルームをレシピ通りのケチャップ、バター、塩コショウをまぜてレンジでチンしてつくるもの。

しかもレシピは4食分なので、1食分に分けて冷凍しておけば休みの日の昼食とか、夫の分だけの昼食とかに使えていいなあ…とハートを鷲掴み!されました。

近々作る予定(報告します!)

結局、使えるレシピ本なんて、特別な料理じゃなく

  • 常備してる材料
  • 常備してる調味料
  • 簡単な手順

この3つを兼ね備えてることだと思うんです。

生クリームを使ったレシピより、バターと牛乳と小麦粉を使ったレシピの方がはるかに作る回数は上がる!
違います?私だけ??

そんなわけで、奥薗さんと瀬尾さんの2冊で本日の夕飯も無事に終了。
時短で美味しく、応用もきく。

私の無くてはならない料理本です(´▽`)

(Visited 881 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です