訂正印を買いました

仕事にもかなり慣れてきた今日この頃・・・
慣れてくると出てくる「うっかりミス」(;^ω^)

今回訂正印を購入しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

訂正印とは?

まあ改めていうのもなんなんですが・・・

訂正印とは、書類や契約書において誤った記述、単語を直す際に用いられる印鑑です。 訂正印を押すことの意味は、修正を加えたという証明になるということの他に、誰が修正を加えたのかを示すという目的も含まれます。 訂正印は正しい方法で押さなければ、効力を発揮しないため、契約書や重要な文書などにおいては、実印並に重要と言えます。

参考:実印.net

私の勤務している学校では、全てにおいて押印は「印鑑」です。
俗にいう「シャチハタ」系統は認められません。
タイムカードもなくて、タイムカード代わりに「出勤簿」ってのに印鑑を押印します。

え~!今時タイムカードじゃないのぉ~!?
って思うでしょうが、私が40過ぎて社会復帰した中で、出勤簿に押印ってのは2件目です。
どうも“役所系”は印鑑主義のようですね。

そんなわけで、出勤簿をはじめ、各担当書類に押印することが多く、しかも間違えると訂正印も印鑑タイプでないといけないため、今までは9ミリの認印を使っていました。

9ミリといえど、大きいので、小さい文字の訂正などは書面がハンコだらけになっちゃうときもあり、「無能です」といっているような感じがして、非常に気が引けます。

作り直しちゃえばOKな書類ならいいいのですが、すでに決済を通った書類に訂正が入ったり、不備で修正しなくてはならなくなったりしたときは、二重線を引いて訂正印を押すという作業をしなくてはなりません。(しかも消した文字数と、訂正した文字数も記入しなくてはならないという細かさよ・・・まあしょうがないんですがね)

前置きが長くなりましたが、そんなわけで訂正印も「印鑑タイプ」が欲しくなり、このたび購入しました。

思ったよりも安かった♪税込み550円♪

購入したのはこちら・・・

ゆうメールにしたので、送料も無料です♪
ついでに認印も新調しました(´▽`)今まで100均の印鑑を使っていましたが、いまいち文字が気に入らなかったので、なんかスッキリしました。

印鑑 認印 銀行印 / 黒檀 10.5mm×60mm/ はんこ
価格:600円(税込、送料別)

↑これ~、税込み600円!
訂正印とあわせて、ゆうメールにしたので送料0円です♪

印鑑をシャチハタ風に使える道具って本当に使えるのか?

独身時代、私もシャチハタの認印と訂正印を持っていました。
やはり、ポンポン押せるのがいいですよね。便利です。

印鑑だと、どうしても朱肉が必要になってきて、面倒くさいです。

↓こういう印鑑をシャチハタのように使える印鑑ケースって商品があって、

ずーっと、「絶対使いづらいに違いない!」と偏見をもってました(笑)

ところが!
なんと使っている先生の多いことよ・・・
若い先生はほとんどこういうケースに入れて使っていて、まったく問題なく押せています。

ただ、やはり4か所、5か所と連続押印箇所が多いと、朱肉をつかってます。
ですが、1か所に押印!なんて時は、本当にシャチハタのように手軽に押せてますね。

正直私も欲しい!(笑)
もしかしたら何かのついでに、この先買っちゃうかもです。
100均にもあるみたいだけど、使えるのかしら?
先生方は100均ではないようです。私が100均のを買って、レポしてみますかね・・・

そんなわけで、新しい認印&訂正印!早く使いたいです(≧∇≦)
あ、(;´Д`)訂正印を頻繁に使うほど間違えてはいけないのですがね・・・ほどほどに(笑)

(Visited 322 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です