「つくおき 週末まとめて作り置きレシピ」を参考に、まとめて作り置きおかずをつくってみた

今までも副菜の作り置きは時々やっていました。
副菜っつっても「ひじき煮」とか「切干大根煮」とかド定番のものがほとんど。

今回メインのおかずも作り置きしてみよう!と、かねてより気になっていたnozomiさんの本「つくおき 週末まとめて作り置きレシピ」を参考に、メインおかずも含めた作り置きに挑戦!してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

主婦の自由な時間を生み出す「作り置き」

今日の夕飯何にしよう…。って毎日頭を悩ませています。
材料は、あれがあって、これがあって、じゃあ帰りにコレを買って帰って、アレにするかあ…。

と、決めても、いざスーパーに行ってみると、「今日はコッチの方が安いなあ」とあれだけ悩んで考えた献立を変更したり・・なんてよくあること。(うちだけ?)
アレコレ考えた時間が無駄になってます。時間のロス。その時間があれば何か自分の為にできたはず。


この本の著者nozomiさんはフルタイムで働いていています。
忙しい中でも、自分で食べるものは自分で作りたい。できれば何品かバランスよく食べたい。
その気持ち、すごくわかります。
nozomiさんは週末3時間ほどかけて、一週間分のおかず(メイン・副菜)を作り置きしているそうです。


確かに、週末の数時間で大体のメイン・副菜のおかずを作っておけば、日々の調理は最低限にとどめられて、時間の節約にもなります。

仕事から帰宅してまた夕飯づくりという仕事が家で待ってる…ってのは本当に疲れ倍増ですよね。
昼休みや帰宅途中にあれこれ夕飯メニューで頭を悩ませることも、隙間時間すら自分の時間になりません。

家に帰ればある程度のおかずがある!って思うだけで、心にゆとりができるし、自分の為に使える時間が増えるというものです。

実際に作ってみました

正直3時間ぶっ通しでやるのは私には無理!と思ったので(^_^;)
午前の1時間半で副菜を数種、午後の1時間半でメインを数品、夕方の本来夕飯作る時間に30分程でパパっとできる副菜を1~2品。という感じの配分でやってみました。

あまり根詰めると「一回こっきり」になりかねませんからね(^_^;)

こちらが午前中つくった副菜、人参が多めですね…。人参沢山あったので、消費です。
左上のジャガイモのツナ和えはレシピ通りつくりました。
簡単にできます。しかもどこの家にもあって、安価な材料が多いので、非常に作りやすい!

tukuoki1

切干大根煮レンコンと人参のきんぴらは我が家の定番常備菜。
人参しりしりも、本に載っているレシピとはちょっと違う、我が家オリジナルの味付けです。

こんな感じで午前中終了。一旦夫と昼食を取って、ちょっと休憩してからメインづくりに。

tukuoki2メインは本のレシピ通りに3品。
ゆで鶏きゅうり鶏むね肉のピリ辛ケチャップソース煮込みハンバーグの3品。魚料理も入れたかったのですが、いい材料がなかったので、今回は割愛。

どれも簡単にできます。掲載手順通り、ゆで鶏→ハンバーグ→胸肉ピリ辛ケチャの順に作っていけば洗い物も最小限でサクサク進み、とてもスムーズ。

夕方はこれまた本に掲載されているレシピ通りに
ピーマンとちくわのキンピラコーンと玉ねぎのバターしょうゆ炒めの2品。tukuoki3右下は胡瓜の浅漬け(本ではピリ辛ラー油漬だけど、辛いと次男坊が食べられないから)。
夕飯は煮込みハンバーグに、副菜のいくつかを少しずつと、キャベツの千切サラダを添えました。tukuoki5

メインが決まっていれば夕飯づくりはかなり楽な気がする。

今日はがっつり時間をかけていろんな種類の副菜をつくりましたが、やってみて思ったことは、

私が集中して楽しく調理できるのは1時間半~2時間が限度。

ということ。この1時間半~2時間を週のどこで取るか、そしてその時間で何をつくるのかをあらかじめざっくり決めておくといいんでしょうね。

私は、今回作ってみて、メインが3~4品と副菜が1~2品あれば、日々の夕飯づくりもかなり楽になるんじゃないかなと思いました。

一番頭を悩ませるのが「メインを何にするか」なんです。
ここが最初から決まっていれば、副菜に至っては正直「漬物」とかでもいいわけです。
レタスをちぎってサラダでもいいですし、冷奴でもいい。副菜にいたっては、切るだけ・洗うだけでOKのものは沢山あります。

なので、今後継続して作り置きを定着させるには、週末の午前中だけとか午後の1~2時間でメインを3~4品作り置きしていこうと思います。

この本にはメインおかずのレシピも沢山あり、どれも作りやすい物ばかりです。
この中からローテーションで毎週つくってみて、徐々に自分のペースをつかんで行けたらいいなあ…(´▽`)

家族4人で足りる?

nozomiさんは現在ご主人と二人暮らし。なので大人二人の1週間分という感じの量ではないかな?と思います。実際作ってみると、家族4人が1回の食事で食べきってしまいそうな量のものもあります。
その辺は量を増やして作るか、品数を増やすか、検討が必要ですかね。

でも煮込みハンバーグなどは、今回レシピではひき肉250gとありましたが、私は500g使いました。煮込みソースはレシピ通りの量で作成して煮込んでみましたが、全然大丈夫でした。
tukuoki4右下の写真は、ついでにやった湯通し油揚げの千切りを冷凍用にパックした物。
こういうものもあると、お味噌汁づくりが楽になる。

みそ玉みたいなレシピも・・・

時々このブログでも出てくる「みそ玉」ですが、この「つくおき 週末まとめて作り置きレシピ」の中にも「玉」ではないのですが、49pに「めちゃくちゃ便利な自家製即席みそ汁のもと」という説明で紹介されています。

みそ玉にはせずに、容器に入れておくという感じです。
炒めた長ネギを味噌に混ぜています。油で炒めているので、コクのあるお味噌汁になるでしょうね、おいしそう。

まとめ

書籍「つくおき 週末まとめて作り置きレシピ」の著者nozomiさんの、すごく参考になる素晴らしいレシピサイトはこちらです
↓↓↓↓↓
つくおき http://cookien.com/

サイトでも手順やレシピは見る事ができます。
昭和生まれのアナログな私は、書籍の方がぐっと手順もレシピもわかりやすかったです
あと、実際に使用している調味料や容器なども興味深かった^^

作り置き生活!私のやりやすいパターンで今後定着させて、自分のための時間をもっと確保したいと思います(`・ω・´)


最後まで読んでいただき、ありがとうございました(´▽`)

(Visited 8,213 times, 10 visits today)
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 出典「つくおき 週末まとめて作り置きレシピ」を参考に、まとめて作り置きお… […]

  2. […] 出典「つくおき 週末まとめて作り置きレシピ」を参考に、まとめて作り置きお… […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です